トップ

日野菜かぶが収穫の時を迎えています!

2017年02月23日

日野菜かぶが収穫の時を迎えています。滋賀を代表する伝統野菜で、根の上部が赤紫色、下部が白色と色分けされています。辛みと苦みをほどよく含んだ味わいが特徴で、浅漬け、甘酢漬けなど漬物にすると美味しいですし、生でサラダとして、天ぷらや温野菜にすると、独特の辛み・甘みを残しつつ、まろやかな風味になり、上品に仕上がります。収穫時には、周りの土を掘って丁寧に引き抜かないと、途中で折れてしまいます。



CIMG3880 - コピー

このページのトップに戻る

祝蕾は天ぷらが合います!

2017年02月22日

祝蕾(しゅくらい)の収穫が続いています。昨年初めて栽培し、良い感触だったので、今年は本格的に栽培しました。祝蕾はアブラナ科の野菜で、主茎と側茎につく蕾のような形のわき芽を収穫します。春の訪れを身近に感じるのにふさわしい食材になります。フキノトウやタラの芽などと同じように、天ぷらが合います。外葉は落として、主茎も主茎から剥がしたわき芽も食べられます。こりこりした食感とほのかな辛みが特徴です。



CIMG0068 - コピー




CIMG0067 - コピー

このページのトップに戻る

極早生品種のタマネギの肥大が気になります!

2017年02月21日

今年2月下旬~3月上旬に収穫できると言われた遠州産の極早生品種のタマネギです。玉が膨らんでいくか株元を毎日のようにチェックしていますが、遅々としています。株元の土を掘ってみると、確かに膨らみつつあります。静岡県と違い、北にある千葉では肥大するのが遅れるのかも知れませんね。とにかく気がかりなタマネギです。



CIMG0063 - コピー

このページのトップに戻る

「ロマネスコ」の花蕾が大きくなってきました!

2017年02月20日

これまで4種類のカリフラワーをご覧いただきました。花蕾の色が、黄色、紫色、クリーム色、黄緑色です。最後を飾るのは、「ロマネスコ」です。カリフラワーとブロッコリーの中間の野菜、カリブロとも言われます。昨年の8月にタネを播いたので、6か月が経っています。花蕾ができるのはまだ先かと思っていましたが、気が付けば大きくなっています。もう少しで収穫できそうです。

大きな円錐形の花蕾の上に小さな円錐形の花蕾がたくさん付いていて、それぞれの円錐形の花蕾にはさらに小さな円錐形の花蕾がたくさん付いて・・・と限りなく小さくなるまで繰り返されています。無限に続く相似形の作品です。美しいですね!





CIMG0062 - コピー

このページのトップに戻る

赤コールラビが収穫適期です!

2017年02月19日

赤紫色をした赤コールラビが大きくなりました。コールラビは、野菜の中でも一風変わった形をしていますが、見るだけでなく一度食べてみると、また食べたくなる野菜です。コールラビは、キャベツとカブの中間の野菜で、その食感はブロッコリーの茎やキャベツの芯に似ていると言われます。柔らかくて甘味があります。皮が硬いので全部むいてしまい、薄切りにしてサラダや漬物、ベーコンなどとの炒め物、シチューなど色々な料理に使えます。



CIMG0044 - コピー

このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

プロフィール

家庭菜園が高じて市民農園の管理人をしています。 美味しい野菜を作りたくて、大学で野菜作りを勉強しました。農薬・肥料をできるだけ使わず、自分で食べるだけの野菜は自分で作れるようにしたいですね。

小島くん

Author:小島くん
ちょっとした工夫で楽しさいっぱいの野菜作りを勉強しましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ