トップ

「のらぼう菜」の主茎が伸びてきました!

2017年03月28日

「のらぼう菜」の主茎が伸びてきました。4月に入ると、花芽がたくさん出てきます。主茎の脇からわき芽が伸びてきて花芽が付きます。花芽をとっても後から続々と花芽が出てきます。花芽はさっと茹でると、菜の花特有の風味があるものの、普通の菜の花ほどの苦味がなく食べやすいです。



CIMG3945 - コピー

このページのトップに戻る

タマネギが順調に育っています!

2017年03月27日

昨年の11月初旬に菜園に定植したタマネギの苗が大きくなってきました。品種は、赤玉ねぎの「赤玉の極み」です。収穫時には、1玉の重さが300g以上になるとのことです。追肥は1か月前に済ませたので、収穫までの作業はありません。苗を定植してから順調に育ってきたので、6月の収穫が楽しみです。




CIMG3940 - コピー

このページのトップに戻る

結球レタスの苗を定植しました!

2017年03月26日

結球レタスの「サリナス88」です。2月1日にセルトレイにタネを播きました。やっと本葉が2枚になったので、菜園に定植しました。なんとタネを播いてから、2か月近くが経っています。発芽適温(地温)が20℃前後なので、発芽するまでにたくさんの時間がかかりました。タネ袋には定植苗は本葉4~5枚の時期と書かれています。極端な若苗や老化苗は避けると注記されています。小島くんの作っている苗は写真の通り密植しているので、本葉が4~5枚になるまで遅らせると、老化苗になってしまいます。今が丁度よい時期と考えて、定植した次第です。

ところで品種名のサリナスは、どこからの由来でしょう?サリナスは、アメリカのカリフォルニア州中部のモントレー郡に位置する都市です。有名な作家のジョン・スタインベックの故郷でもあります。サリナスはレタスの大産地です。スタインベックの小説「エデンの東」には、主人公の父が冷凍保存したレタスを東海岸に輸送する話が載っています。これがアメリカでの野菜輸送事業の始まりとされています。品種名のサリナスは、レタスの原点の場所かもしれませんね。小島くんのレタスは輸送する必要はなく、地産地消です。



CIMG3943 - コピー




CIMG3944 - コピー

このページのトップに戻る

サヤエンドウの花が咲き始めました!

2017年03月24日

3月中旬に雑草を取り、追肥・中耕・土寄せをしたサヤエンドウの「スジナイン」です。早くも赤紫色の花が咲き始めました。早いですね!これからは続々と花が咲くことでしょう。2回目の追肥は花が咲き始める4月中旬に行う予定でしたが、この様子だと早めに行う必要がありそうです。




CIMG3941 - コピー

このページのトップに戻る

食用菊は、たくさんの新芽が出ています!

2017年03月23日

食用菊の「もってのほか」の株は枯れましたが、1月には新芽が出てきました。写真に写っている「もってのほか」はこれで1株ですが、たくさんの新芽が出てきています。各枝は今のところ伸びていません。これから時間をかけて、グングンと大きくなります。畑の空きスペースに「もってのほか」を株分けして植えました。地面に活着できたようです。




CIMG3938 - コピー

このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

プロフィール

家庭菜園が高じて市民農園の管理人をしています。 美味しい野菜を作りたくて、大学で野菜作りを勉強しました。農薬・肥料をできるだけ使わず、自分で食べるだけの野菜は自分で作れるようにしたいですね。

小島くん

Author:小島くん
ちょっとした工夫で楽しさいっぱいの野菜作りを勉強しましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ