FC2ブログ

トップ  >  野菜作りの秘訣  >  野菜の被害があったら、じっと我慢して心が折れないこと!

野菜の被害があったら、じっと我慢して心が折れないこと!

2012年08月15日

昨日は関西や静岡では大雨で大きな被害が出ましたが、小島くんの菜園がある関東圏、特に柏方面は丁度良いお湿り程度の雨が降りました。アブラナ科の野菜苗の定植の絶好の機会でしたので、苗床に植えてあった苗を畑に定植しました。

今年は暑さが続き、乾燥が続いたので露地植えの苗床の苗は暑さと虫の被害で壊滅状態でした。その中で何とか生き残ったカリフラワー、ブロッコリー、キャベツの苗を定植したのです。

本来は本葉が4~5枚で植えるところ、今回は2~3枚で植えました。4~5枚になるまで待てば、残った苗が消滅してしまう危惧がありました。

小島くんは雨をものともせずに頑張りましたね!写真のような防虫ネットでトンネルを作って害虫対策をしっかりとしました。これで大丈夫と一晩が過ぎて今朝のことでした。

防虫ネットの中の苗が元気がないではありませんか?よく見ると元気がないのではなく、苗が地上で切り取られているではありませんか?小島くんが力を入れているオレンジ色の果実ができるカリフラワーの苗でした。4株被害に遭いました。

ガックリでした!外から来る害虫対策をしたのに、土の中にいた害虫には無警戒でした。これは根切り虫の仕業です。切られた苗の下にある土を掘り返して根切り虫を見つけ出し、4匹すべて靴で踏み殺しました。怒りと無念さで心が一杯です。

本来は苗を植える前に土をよく調べて根切り虫を退治すべきでしたが、昨日は急に絶好の機会が訪れたのでこの作業を省略してしまったのです。畝に植えた苗に何かあったときの対策として余分に補植苗を用意しておく必要がありましたが、今回は苗自体が不足してこの対策もできませんでした。

大切に育てた野菜の被害があったら、じっと我慢して心が折れないように、明日に向かうことが野菜つくりの秘訣です。今回の教訓を次回に生かします!


今年は、カリフラワーの「オレンジ美星(みせい)」で勝負! | トップページへ戻る | バジルは使い勝手のよいハーブです!

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

家庭菜園が高じて市民農園の管理人をしています。 美味しい野菜を作りたくて、大学で野菜作りを勉強しました。農薬・肥料をできるだけ使わず、自分で食べるだけの野菜は自分で作れるようにしたいですね。

小島くん

Author:小島くん
ちょっとした工夫で楽しさいっぱいの野菜作りを勉強しましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ