FC2ブログ

トップ  >  野菜作りの秘訣  >  野菜作りには経験と勘があれば、十分でしょうか?

野菜作りには経験と勘があれば、十分でしょうか?

2012年05月18日

長年農業をされて立派に美味しい野菜を作られている農家の方は経験と勘が働いているからなのでしょうか?

そのような方は自分からは言われないでしょうが、それだけではないはずです。

私は家庭菜園を自己流で10数年やってきましたが、上手に野菜を作れませんでした。専門家が書いた本を読まず、近所の農家さんや同じように家庭菜園をされてきた先輩に教わって野菜を作ってきました。

よく考えてみると「こうしなさい。」と言われてそのようにしたのですが、「なぜこのようにするか?」の疑問を持つことが欠けていたことに気が付きました。それがきっかけで大学に通って園芸についての理論と実際をしっかりと勉強したのです。

今では私はもちろん経験は必要と思いますが、「理論・知識と客観的なデータ」が必要不可欠と考えています。

理論・知識は紙の上だけで実践に役立たないと考えがちですが、野菜を育てるうえでいろいろな手順を積み重ねます。その意味を理解していることが重要です。理屈がわかれば、応用がきくということです。野菜作りで困った時に自分で考えれば解決ができます。関連する事項、例えば土壌粒子、土壌微生物、農業気象、・・・の知識があれば、野菜作りがさらに面白くなります。ミミズの知識があるだけで相当違うでしょう。

客観的なデータも必要です。気温、地温、湿度、日射量、天気予報、台風の進路、風向き、風速、土壌の酸性度、糖度、害虫の発生予測、過去の統計、・・・他にもいろいろありますね。野菜は気温に敏感ですし、病気にかかる前に病気の予防が必要です。

露地栽培のイチゴは甘くて美味しいです! | トップページへ戻る | 観察することが野菜作りの原点です!

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

家庭菜園が高じて市民農園の管理人をしています。 美味しい野菜を作りたくて、大学で野菜作りを勉強しました。農薬・肥料をできるだけ使わず、自分で食べるだけの野菜は自分で作れるようにしたいですね。

小島くん

Author:小島くん
ちょっとした工夫で楽しさいっぱいの野菜作りを勉強しましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ