FC2ブログ

トップ  >  浅間前市民農園  >  管理人の憂鬱!

管理人の憂鬱!

2012年09月12日

市民農園の管理人は気楽ではやっていけません。真面目に取り組むと挫折が待っているのでそれもいけません。管理人と言ってもいろいろあります。例えば市が雇用する管理人・・この立場であれば気楽な稼業かも。自分が土地のオーナーで管理人を兼ねている場合は真剣になりますね。

小島くんの場合は土地の所有者から委託されて管理人を引き受けています。すべてを任されています。うまくいかなければ、管理人をお断りすればよい。その点では気楽です。しかし、利用者を増やさないといけない課題があります。自分に課しているのです。

20年前の開設時には満杯であった農園が徐々に利用者が減り始めて、とどめを刺されたのが昨年の市民農園を閉園するという決定でした。結局、小島くんが手を挙げて閉園は免れましたが、閉園中止の決定が遅れ、多くの利用者が別の農園に移りました。

このブログの読者でご近所の方には是非浅間前市民農園を利用してほしいという思いがあります。

昨日、市民農園でこんなやり取りがありました。

利用者:小島さん、来年は市民農園を閉じてしまうの?
管理人:えっ、そんなことはないですよ。管理人が頑張っているでしょう。

利用者:そこの通路側の利用者は2区画借りているけど、別の所にも借りているらしい。そちらは綺麗な農園で隣にも利用者がいるから雑草の種が飛んでこない。ここはどこからでも飛んでくる。未利用の区画は除草剤をまいたらよいと話しているんですよ。来年はここをやめるらしい。
管理人:・・・・

この話を教えてくれた利用者も別のところに菜園を借りているのです。ことし契約してから一度も農園に来なかった利用者もいます。きっとあの人もこの人も・・・。考え出すととても憂鬱になります。

今朝、市民農園でほんの少し明るい話がありました。

利用者:今1区画借りているけど、10月からもう1区画隣の区画を借りたいのでよろしく。
管理人:ありがとうございます!

管理人は憂鬱9に対して喜び1くらいです。でもその1はありがたいですね。

市民農園の井戸水はといても冷たいです! | トップページへ戻る | プチベール:生長に差が出てきました!

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

家庭菜園が高じて市民農園の管理人をしています。 美味しい野菜を作りたくて、大学で野菜作りを勉強しました。農薬・肥料をできるだけ使わず、自分で食べるだけの野菜は自分で作れるようにしたいですね。

小島くん

Author:小島くん
ちょっとした工夫で楽しさいっぱいの野菜作りを勉強しましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ