FC2ブログ

トップ  >  野菜作りの秘訣  >  野菜を栽培する私たちはお医者様のような存在!

野菜を栽培する私たちはお医者様のような存在!

2012年09月17日

今日は市民農園で利用者と話していると、以前こんな方が野菜を栽培されていたという話がありました。税理士をされていてとても几帳面で細かい方だったそうです。

菜園に必ず本を持参され、それを見ながら野菜を栽培されていた。もっとアバウトに栽培しても野菜はできますよと言っても自分のスタイルを変えられなかったそうです。

そうしているうちにその方はノイローゼになって野菜作りができなくなったという話でした。この話を聞いて、小島くんは以前この欄で「野菜作りはよく観察すること」と書いたことを思い出しました。

いわばお医者様のような存在だと。私たちは野菜が丈夫に育つのを助け、時には適切な処置をするお医者様です。

千葉大園芸学部に通って、野菜作りの実習をしていた時に「なるほど!」と思ったことがありました。それはトマトの栽培でした。

セルトレイに種を播いて芽が出てからしばらくの間はそれで育てます。その後セルトレイからポットに苗を移植します。丁度冬休みを挟んだのでポットに移す時期が遅れました。

苗は徒長気味で葉の色は濃い緑ではありません。葉の厚さも薄かったです。見るからにひょろっとした苗です。このままで生長したらよい果実は付けません。担任の先生は「大丈夫です。適切な処置をすれば」と。

その後ハウス内の温度調節を行って、夜温を8℃、さらに5℃へと下げました。夜温を下げることによって草丈が伸びるのを抑え、葉の色を濃くしました。水遣りを抑制することで葉の色にムラがあったのを全体に濃くなりました。

種を播いた日から丁度2か月経った頃が苗をポットから取り出して定植する時期です。トマトの草丈はずんくりとし、葉は厚く色は濃い緑に変わっていました。理想的な健康な苗に生まれ変わったのです。

私たちは野菜をよく観察し、健康でないことがわかったら適切な処置をすることが大事です。本を読んで本の通りに野菜を育てても、野菜のためにならないでしょう!皆様、お医者様になりましょう。

タマネギの芽が出揃いました! | トップページへ戻る | ダイコンは芽が出るのが早いです!

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

家庭菜園が高じて市民農園の管理人をしています。 美味しい野菜を作りたくて、大学で野菜作りを勉強しました。農薬・肥料をできるだけ使わず、自分で食べるだけの野菜は自分で作れるようにしたいですね。

小島くん

Author:小島くん
ちょっとした工夫で楽しさいっぱいの野菜作りを勉強しましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ