FC2ブログ

トップ  >  肥料  >  緑肥をご存じですか?

緑肥をご存じですか?

2012年09月25日

緑肥とは、栽培している作物を収獲せずにそのまま田畑に鋤きこみ、後から栽培する作物の肥料とすること、またはそのための作物のことです。堆肥とか化成肥料とは違うことがおわかりですね。

緑肥として栽培される作物の例として次のものが挙げられます。マメ科とイネ科の作物が多いです。雑草を利用することもあります。エンバク、ライムギ、トウモロコシ、ヱビスグサ、マリーゴールド、レンゲソウ、クローバー、大豆などです。

緑肥作物の根は軟らかく、通気性、保水性に優れた団粒構造の土壌を作ります。エンバクを鋤きこむと地下45cm付近まで土が柔らかくなります。

空いている畑に緑肥作物を作り、土壌に鋤きこむと、「腐植」と呼ばれる物質がたくさんできて、保肥性の高い土を作り、今まで土中にあっても利用できなかったリン酸を作物が利用できる状態にします。

また、有害センチュウに対抗性を持つ緑肥作物を栽培することで、有害センチュウの密度を減らし、有益な微生物を繁殖させます。

緑肥作物を土壌中に鋤きこんで分解が始まると、一時的に土壌中の窒素が利用されるため窒素飢餓が起こりますが、分解後は徐々に作物が窒素を利用できる状態に戻ります。従って緑肥作物を鋤きこんで一定期間は農作物を作付けしないようにします。この点が注意点ですね。

タマネギの苗が育っています! | トップページへ戻る | 不法投棄は禁止されています!

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

家庭菜園が高じて市民農園の管理人をしています。 美味しい野菜を作りたくて、大学で野菜作りを勉強しました。農薬・肥料をできるだけ使わず、自分で食べるだけの野菜は自分で作れるようにしたいですね。

小島くん

Author:小島くん
ちょっとした工夫で楽しさいっぱいの野菜作りを勉強しましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ