fc2ブログ

トップ  >  野菜の保存法  >  「土付き野菜」は土を付けたまま保存するのが最適です!

「土付き野菜」は土を付けたまま保存するのが最適です!

2013年01月23日

大学の温室の中で元気に育っている金時草(きんじそう)です。挿し芽で増やします。秋口に脇芽を採って土に挿しておくだけで根が生えてきます。

野菜の保存法について。今日は、「土付き野菜」の保存法です。ダイコンやニンジン、ジャガイモなどの根菜類は、土に支えられているので「立ち型野菜」のような上下感覚はありません。土との関係が強いのです。

土の中に埋めておくと長期間保存がききますが、洗ってしまうと持ちは悪くなります。スーパーなどでは、きれいに洗ったダイコンやニンジンを売っていますが、きれいな野菜を好む消費者にも問題がありますね。土付き野菜は、土を付けたまま新聞紙などでくるんで、冷蔵庫の野菜ボックスに入れます。

ジャガイモは、適温が15℃なので冷蔵庫にいれておく必要はなく、冷暗所で保存したらよいでしょう。ジャガイモを保存するとき、リンゴがあれば1個をジャガイモの箱に入れておくと、ジャガイモの芽がでにくいのです。リンゴが出すエチレンガスがジャガイモの発芽を抑えてくれます。

20130121金時草

「ブラリ野菜」は寒さに弱い野菜が多いです! | トップページへ戻る | トマトが温室の中でピカピカに輝いています!

このページのトップに戻る

コメント

金時草・・・さし穂で育てて元気でしたが・・それも年開けたらスッカリ霜にやられたのか枯れてしまいました^

すぐ、つきますね~♪

コメントの編集

Re: タイトルなし

あらんりきちろさん、おはようございます!
松山でも霜が降りるのですか?とても暖かい場所だと羨ましく思っています。

金時草は冬枯れていても春になれば、いつの間にか芽が出てきますので大丈夫!
あれば重宝な野菜ですね!

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

家庭菜園が高じて市民農園の管理人をしています。 美味しい野菜を作りたくて、大学で野菜作りを勉強しました。農薬・肥料をできるだけ使わず、自分で食べるだけの野菜は自分で作れるようにしたいですね。

小島くん

Author:小島くん
ちょっとした工夫で楽しさいっぱいの野菜作りを勉強しましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ