FC2ブログ

トップ  >  プチベール  >  さし芽のプチベールは今年うまく育つでしょうか?

さし芽のプチベールは今年うまく育つでしょうか?

2013年08月03日

プチベールは芽キャベツとケールの交配種で1990年に日本で作られた野菜です。名前はフランス語で「小さな緑」という意味です。プチベールは、甘みがあって小さく食べやすく、炒めもの、シチュー、煮物、天ぷら、すき焼き、漬物など何にでも合います。

昨年の夏に友人から苗をいただいて菜園に植えましたが、冬の間、外葉がしっかりとわき芽をガードして、霜や雪の被害がなく、継続的にわき芽を収穫できました。

春になって、お役御免のプチベールの株を撤去するときに、わき芽を数本残して、挿し芽をしました。うまく地面に活着して先日さらに間隔を置いて定植し直したところです。ちなみに、プチベールの販売店によると、タネは市販されていないので、栽培するときは苗の植え付けからとなるようです。

写真をご覧ください。どうです、元気でしょう!2番目の写真は、プチベールの畝の全体です。奥のほうにスペースがありますね。ここには、プチベールルージュ(赤いわき芽が収穫できます)を定植することにしています。今年の2月に種苗会社に予約申し込みをして、8月下旬に発送される予定です。緑と赤のわき芽が収穫できればいいですね!



CIMG1905.jpg

「もってのほか」に囲いをして、茎が倒れないようにしました! | トップページへ戻る | ミニトマトが光り輝いています!

このページのトップに戻る

コメント

はじめまして

プチヴェールはさし芽ができるんですね!。
8月でこの大きさなら、もうプチヴェールも大きくなっているのではないでしょうか。
私は小さいベランダで水耕栽培でプチヴェールを育てています。
今日、根元の脇芽が大きくなっていたので、ダメもとでさし芽することにしました。
ベランダなので場所が苦しいですが、葉っぱも美味しいし、無事に根付いてくれたら育てたいです(^^)。

コメントの編集

Re: はじめまして

いずみさん、はじめまして!
コメントをありがとうございました。
遠方に旅行していて、ご返事が遅れまして申し訳ありませんでした。

いずみさんは、プチベールを水耕栽培で育てているんですね。プチベール
は、大きくなると本当にたくさんのわき芽がでてきて収穫できるので
楽しみな野菜です。

そうなんです。さし芽で増やすことができます。これから寒くなるので
それだけが心配ですが、水耕なら割と早く根付いてくれるのではないでしょうか。
途中経過をまた教えてください。

小島くんのプチベールは、夏から秋にかけての気候の変動で多くの株が枯れたり
腐ったりしました。2株残っていますが、それらは大きくなりました。

今年は野菜にはかなり厳しい気候になりましたものね(><)
この夏を越した株なら、かなり期待できそう。

苗からだと植え付け時期が限定されて不自由なので、脇芽が使えたらありがたいですよね(^-^)
この1週間が勝負でしょうが、根っこが出てくれたら記事にしますね。
私が挿したものはプチベールというよりは、脇芽にしか見えないものでしたが、小島くんはプチベールそのものを大きくして、さし芽されたのですか?

コメントの編集

Re: タイトルなし

いずみさん、こんばんは!
コメントをありがとうございました。

小島くんが挿したのは、たくさん出ている小さなわき芽です。
たくさん増やそうとしたら、小さなわき芽はいっぱいありますので
増やせそうです。

今年の春先に挿した小さなわき芽は、春が深まるとだんだん大きくなって
花が咲いて実ができました。枯れないでその後も大きくなっています。
いずみさんのさし芽のプチベール、楽しみですね!

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

家庭菜園が高じて市民農園の管理人をしています。 美味しい野菜を作りたくて、大学で野菜作りを勉強しました。農薬・肥料をできるだけ使わず、自分で食べるだけの野菜は自分で作れるようにしたいですね。

小島くん

Author:小島くん
ちょっとした工夫で楽しさいっぱいの野菜作りを勉強しましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ