トップ

ハヤトウリを植え付けました!

2017年04月23日

ウリ科のつる性の多年草で、「ハヤトウリ」です。昨年初めて栽培し、とてもたくさんの果実を収穫しました。栽培に手間がかからず、果実は夏野菜が終わった10~11月に収穫できるので、重宝な野菜です。ハヤトウリは白色の果実と緑色の果実の2種類があります。緑色の果実の方が大きいです。白色のウリは、昨年収穫したものを新聞紙に包んで保存していたものを使いました。緑色のウリは、スーパーに並んでいたものをそのまま保存していました。

ハヤトウリは、タネを播くのではなく、果実をそのまま植える所が他の野菜と違うところです。芽が出ている方を上にして、半分だけ土に埋めます。埋め過ぎますと、発芽がうまくいきません。昨年緑色のウリは失敗して、発芽しませんでした。今年は写真のように半分土の上に出してあります。雨が降る降らずは関係なく、いずれ果実に蓄えられた水分で発芽するでしょう!






CIMG4004 - コピー




CIMG4005 - コピー

このページのトップに戻る

スイスチャードが順調に育っています!

2017年04月22日

3月5日にタネを播いたスイスチャードです。苗が小さな頃は、皆同じような色をしています。もう少し大きくなると、葉軸、葉柄、葉脈の色が白色、黄色、橙色、赤色などカラフルになります。ポリフェノールの一種でもある天然色素「ベタレイン」の赤色と黄色の配分により、一株ごとに色が異なってきます。スイスチャードは、真冬以外の各季節に栽培できるので、便利な野菜です。





CIMG3998 - コピー

このページのトップに戻る

ヤーコンの新芽が出てきました!

2017年04月21日

ヤーコンの芽が出てきました。今年の冬にヤーコンを収穫後、堆肥を施し、残ったヤーコンの塊茎を埋めておきましたが、その中から最初に出た芽です。ヤーコンは南米のアンデス原産のキク科の多年草です。夏になると大きな葉をいっぱい茂らせます。12月にはヤーコン芋が収穫できます。ヤーコンは栽培にお金がかからない重宝な野菜です。



CIMG3995 - コピー

このページのトップに戻る

春になって、小動物が動き始めました!

2017年04月21日

今年の春は、野菜が例年よりも生育が遅れています。ダイコンもその例にもれません。写真は、ミニ辛みダイコンの「雪美人」です。間引きを行い、追肥・中耕・土寄せをしたところです。水遣りは省略し、今後の雨を期待しています。よくみると、ダイコンの葉にアマガエルが止まっています。最近は、小動物を見かけなかったので、久しぶりです。これからは、憎らしい害虫も含め、色々な昆虫類やヨトウムシ、根切り虫などが登場するでしょう!



CIMG3997 - コピー (2)

このページのトップに戻る

ジャガイモの芽かきをしました!

2017年04月20日

今年は例年より早く種芋を植えたので、早い時期に芽が出ました。今ではすべての種類のジャガイモの芽が出てきました。4月中旬の晩霜が心配でしたが、幸いにも暖かくなり、霜が降りませんでした。写真は、「インカのめざめ」です。芽かきを遅らせていたので、追肥・中耕・土寄せを行うとともに、芽かきをしました。1株につき、2~3本に減らすのですが、減らすのがもったいなくて、3~4本残しました。花が咲き始める5月上旬にもう一度追肥をします。



CIMG3993 - コピー

このページのトップに戻る

  1. 前のページへ
  2. トップページに戻る
  3. 次のページへ

プロフィール

家庭菜園が高じて市民農園の管理人をしています。 美味しい野菜を作りたくて、大学で野菜作りを勉強しました。農薬・肥料をできるだけ使わず、自分で食べるだけの野菜は自分で作れるようにしたいですね。

小島くん

Author:小島くん
ちょっとした工夫で楽しさいっぱいの野菜作りを勉強しましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ